2013年01月12日

コクリコ坂から (2011) 金曜ロードSHOW! ※ネタバレ

image-20130112114845.png
(あらすじ)
女子高生ヒロイン・松崎 海(メル)は、なんか告白もしてもされてもないのに、イケメン・風間 俊くんにかいがいしくしてるけど、突然風間 俊くんがなんか素っ気無い態度取るもんでどうせ私のこと嫌いになったんでしょうと長年付き合った彼女のように拗ねてみたら、戦後の混乱期うんぬんのため実は風間 俊くんは実の兄だったなんて言われたけどやっぱり、血がつながっていても兄でも好き!風間 俊くんも妹でも好きって言ってくれた!し、アメリカから帰ってきたお母さんに本当かどうか確かめたらなんか誤魔化されたけど、お父さんが赤ちゃんの風間くんを引き取ってきた時に確かめなかったの?私たち顔が似すぎてるけど、兄妹じゃないの?風間くんの親父は風間くんに「お前はますます澤村(海の父)に似てきたな」って言ってたけど?でも、故お父さんの友人に会ったらやっぱ違うって!良かった。
(感想)
カルチェラタン壊して新しいクラブハウス建てるって喜んでるけど、カルチェラタンで存続したかったんじゃないの?^^;

※登場人物の整理をしてみる。
まず、海のお父さんと戦友である男三人。三人で写真に写っている。
・澤村雄一郎
・立花 洋
・小野寺 義雄

もう一人の男
・風間 昭雄

物語の最初はこうなっている。
・澤村雄一郎(戦争で亡くなっている。海の父。母方の姓は松崎、海は現在松崎 海)
・立花 洋
・小野寺 義雄
・風間 昭雄(風間 俊くんの現在の父)

物語の途中で、風間 俊くんはタグボート乗りである
風間 昭雄に尋ねる。
すると、
「俊が赤ん坊の頃、澤村雄一郎が戸籍謄本と一緒にお前を俺に預けた。お前は最近澤村雄一郎に似てきた。でもお前は俺達の夫婦の子であることに違いはない(育ての親であったとしても)」
といった感じで答えた。

ここまで聞けば、海と風間 俊くんは兄妹である。
ここで風間 俊くんは海と男女の付き合いを止める。偉い。でも
海は血がつながっているとわかっていて、風間 俊くんにそれでも好き!と告白しちゃいます。おい^^;

さてここで、海のお母さん登場。
娘に実家の下宿の世話を押し付けてアメリカ留学してた奴である。

お母さんの回想シーン。
まだ海はお母さんのお腹の中。
澤村雄一郎とお母さんと海が親子であるのは間違いない。
ある日、澤村雄一郎が、親友の立花 洋が夫妻ともに亡くなり、みなしごになった立花 洋の息子を引き取ってきたと言って赤ちゃんを持ってきた。そして、海と二人は育てられないと、その息子を養子に出した。

養子に出した先が、風間 昭雄(風間 俊くんの現在の父)であるのだろう。

あれ?風間 昭雄は、風間 俊くんが真相を聞いた時に
なぜ、「お前は最近澤村雄一郎に似てきた。」なんて、言ったんだろうか?
立花の子なんだから、似てこないでしょう。
(風間 昭雄はつまり・・澤村雄一郎の隠し子って知ってたってことか?)

そう、母のそんなつじつまの合わない説明を信じられるわけもない海は、こんな意味合いで質問するのであった。
「お母さん、もしかして、その時お父さんが持ってきた子は、実はお父さんがどっかで作ってきた子じゃないの?(つまり、風間 俊くんの父は、海のお父さんじゃないの?)」

お母さんはすっとぼける。
「お父さんは良い人だわ。その風間 俊くんはいい男に育った?」

海は号泣するのであった。意味深すぎて、答えになってないわ。
つまり、カッコイイ私の旦那から生まれた子供はいい男に決まっていると。
浮気されてたっていいわってこと?
お母さんはお父さんの浮気を知っていてトボけたのではないか?
ネジのはずれたお母さんっぽいし^^;

さらに、海のお父さんと一緒に写真に写っている三人目が現れる。
・小野寺 義雄
海外へ向かう船の船長らしい。
母親に真相聞いたけど、信用出来ない海は、風間 俊くんと
話を聞きに行くのでした。

小野寺さん曰く
「(風間)俊くん、君の父親は立花 洋だ。澤村の娘は海だ。」

や、これですべて解決。
二人は付き合っても大丈夫!近親じゃないよ!
でハッピーエンド。・・それでいいの?
結局のとこ、お父さんの友人の証言だけだし、
海のお父さんは亡くなっているし、真実は父のみぞ知る。
お母さんも曖昧な言い方するし。女の直感で勘付いているようだが。

DNA鑑定をしないとすっきりしないエンドでした^^;
posted by KOTO at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック